中性脂肪下げるサプリ

中性脂肪を下げるサプリを厳選してランキングにしました

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

中性脂肪を下げるサプリを、口コミや成分、価格などからランキングにしました。中性脂肪を下げる成分として、青魚に含まれるDHA,EPAが注目されています。

 

実際に、中性脂肪を下げる薬として、エパデールやロトリガという名前でDHA,EPAが処方されています。『脂質異常症治療のエッセンス』でも、中性脂肪が高い人の食事療法として、n‐3系多価不飽和脂肪酸を多く含む青魚の摂取が推奨されています。

 

ただ、毎日魚を食べ続けることは難しくはありませんか?そこで、補助食品として、サプリを活用してDHA,EPAを普段の生活に取り入れるようにしましょう。魚が嫌いな人、肉ばかり食べている人は、少しでもDHA,EPAを摂取するようにしてください。厚生労働省が定めた基準では1日1000rとされています。

 

中性脂肪を下げるサプリを利用する前に

  • 基本は食事と運動です。脂っぽい食事や甘いお菓子を控え、毎日適度に運動しましょう。
  • 中性脂肪やコレステロールが高い原因は生活習慣以外のこともあります。一度病院を受診しましょう。
  • サプリメントは補助食品として利用してください。

 

現在何十ものDHA,EPAサプリが販売されています。そんなDHA,EPAサプリを、成分や口コミの評価、価格などからおすすめ順に紹介します。

 

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

中性脂肪を下げるサプリなら【きなり】の特徴

バランスの摂れた食事を、毎日摂取するのは少し大変ですよね。特に魚は下処理や調理が難しかったりして、疎遠しがちです。

DHAサプリ「きなり」には、青魚に含まれるDHA・EPAを500rも配合されている他、その働きを最大限に生かすサポートをするクリルオイルが配合されています。

DHAは、脳の神経を活発にさせ、記憶力や集中力の向上を助けます。EPAは血液の粘度を下げ、梗塞の要因でもある血栓が出来にくくします。クリルオイルはアスタキサンチンを含んでおり、DHA・EPAを酸化させることなく、身体に吸収されやすい形で小腸まで届けてくれます。

さらに、納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼも配合されており、より血液サラサラ効果も期待できます。「きなり」で、不足しがちな栄養素を補い、健康な日々を送りましょう。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 税込・送料無料、今だけ特別モニター価格
中性脂肪を下げるサプリなら【きなり】の総評

オキアミから抽出されたクリルオイルを配合しており、魚油由来のDHA、EPAよりも吸収率が高いです。

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

中性脂肪を下げるサプリ第2位は大正製薬DHA,EPAの特徴

リポビタンDでお馴染みの大正製薬からDHA,EPAサプリの登場です。大正DHA,EPAサプリの特徴は3つあります。

DHA,EPAが合計600rと高配合
アルミ個装になっており酸化しにくく持ち運びやすい
初月1000円というお試ししやすい価格

こういった特徴があります。わずか1000円で大手企業が開発したDHA,EPAサプリを試すことができます。

価格 1000円
評価 評価4
備考 税別、送料無料、定期コースがお買い得

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

小林製薬の中性脂肪を下げるサプリの特徴

小林製薬のDHAサプリは、人間の体に必要ながらも体内でほとんどつくることができない重要な脂肪酸、DHAを手軽に摂ることのできるサプリメントです。

DHAはまぐろやさば、まいわしといった魚に多く含まれている成分ですが、そういったものが苦手である場合は不足しがちで、また現代日本人は食生活の西洋化によって魚を食べる習慣が減ってきており、全体的に摂取不足が指摘されています。

脂肪酸には不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸があり、DHAは前者にあたるのですが、この2つのバランスが悪くなると細胞の機能が低下、様々な生活習慣病を招くおそれがあるのです。

ですのでサプリで手軽に補うことでこのバランスを整え、病気を予防することで健康な人生を送ることが可能となるのです。

価格 1134円
評価 評価3.5
備考 税込・送料無料

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

サントリーのセサミン入り中性脂肪を下げるサプリの特徴

近年、日本だけではなく世界中でDHAの注目度が高まっています。というのも、心血管疾患のリスクを低減するための生活習慣としてDHAやEPAをたくさん含む魚や魚油を摂取することが有効だとわかってきたからです。

ところが日本人の食習慣はというと、年々魚の摂取量が減っているのが現状です。

DHA,EPA+セサミンEXは食事だけでは不足しがちなDHAやEPAを効率よく摂取できるサプリメントです。DHAには体内に入ると酸化しやすいという弱点があります。この弱点を補うために、DHA,EPA+セサミンEXにはごまの健康成分であるセサミンと大豆由来のビタミンE、玄米ポリフェノールのオリザプラスが配合されており、DHAとEPAを保護しながら体内に届けてくれます。

DHA,EPA+セサミンEXは4つの成分それぞれの力とお互いの相乗効果で健康パワーを発揮するとても贅沢なサプリメントと言えるのではないでしょうか。

価格 4950円
評価 評価3.5
備考 定期コースがお得・税別・送料無料

 

超危険!中性脂肪が高くなると悪玉コレステロールが小型化する!

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

動脈硬化の原因は、一般的に、中性脂肪よりも悪玉コレステロールが原因ということがわかっています。だからといって中性脂肪が高いのをそのままにしておいてもよいのでしょうか?

 

実は、最近になって、中性脂肪が高いと、悪玉コレステロールが小型化し、超悪玉コレステロールになりやすいことがわかってきています。この超悪玉コレステロール(small dense LDL)は、その名の通り、小型なので、血管壁に侵入しやすいと考えられています。

 

血液中の中性脂肪が多いとLDLコレステロールが小型化すること。

引用元、参考サイト 全国健康保険協会 東京支部 健康サポート

 

悪玉コレステロールが高くなくても、中性脂肪が高く、悪玉コレステロールが小型化していると動脈硬化のリスクが高まります。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞、大動脈解離など急に発症する病気を引き起こします。

 

何も症状がない今のうちから中性脂肪を減らす工夫をしましょう。

 

中性脂肪を下げるサプリをはじめる前に、生活習慣を改善しよう!

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

繰り返しになりますが、健康な体を維持していくために、常に気をつけておきたいのが中性脂肪です。体にとって良い役割も持っている中性脂肪ですが、増えすぎてしまうと様々な病気の原因となってしまいます。特によく知られているのが動脈硬化です。中性脂肪が高いと悪玉コレステロールも高くなりやすいですが、さらに、先ほど書いたように、悪玉コレステロールが小型化して超悪玉コレステロールになってしまいます。

 

動脈硬化が原因となり狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの病気になる可能性がありますから、しっかりと対策をしておきたいものです。健康診断などで中性脂肪の数値が高いと指摘されてしまったら、すぐに対策をはじめましょう。

 

中性脂肪を下げるのに有効な方法は、当然ですが

 

適度な運動。1日30分以上、毎日。

 

脂質異常症治療のエッセンスにおいても、有酸素運動を1日30分以上行うことが奨められています。
ただ、いきなり30分は難しいかもしれないので、10分でも15分でも体を動かすようにしましょう。
また、毎日続けることが難しければ、まずは土日だけでも運動するようにしましょう。

 

食事療法(油っぽいものを避ける、肉より魚を食べる、野菜を食べるなど)

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

これもまた難しいことかもしれませんが、少しでも取り組めることから始めるようにしましょう。

  • 適切な量の食事で体重が増えないようにする
  • 野菜や海藻類を食べる。
  • 白米よりも玄米、精白された小麦より全粒粉を摂るようにする
  • ヨーグルトなどの乳製品や肉、卵は減らしn‐3系多価不飽和脂肪酸を含む魚を食べる

 

お酒を控えること

1日総アルコール量25g以下が推奨されています。

 

総アルコール量25gとは具体的にどれくらいなのでしょうか?

 

瓶ビール(中ビン) 

 

 

です。

 

もともと数値が高まってしまった原因がお酒にあるのであれば、まず飲酒回数を抑え気味にする必要があるでしょう。体内に取り込まれたアルコールは、肝臓に運ばれていき、そこで分解されるようになっています。この分解時に中性脂肪が生まれてしまいますので、お酒の量は控えることが大切です。

 

また、日常的に過剰なアルコール摂取をしている場合、肝臓への負担が大きくなってしまうのも問題といえます。健康を維持するためには、お酒を飲む回数を減らし、週2回ほどに抑えたほうがよいでしょう。

 

常日頃から運動不足であるという人には、ジョギングなどの有酸素運動をすることで、体の血行を改善することが効果的です。有酸素運動をすると、体内に適度な刺激が送り込まれ、リパーゼという酵素が活発化します。このリパーゼには脂肪を分解してくれる作用があり、体内の余分な脂肪分を燃焼してくれるため、ダイエットにも効果があるとされています。

 

一つ注意したい点としては、リパーゼの活発化は運動を開始してから約20分ほど経過してから、スタートするということが挙げられます。つまり、毎日10分の有酸素運動をするだけでは、リパーゼの活発化は起らず、せっかく運動をしてもあまり効果が得られない、ということになってしまうのです。

 

できれば毎日30分以上の運動をして、体内のリパーゼを活発化し、効率良く脂肪を燃焼しましょう。ただ、毎日30分は無理、という場合は、たとえば数分であっても、運動しないよりはした方がいいといえます。体を軽く動かすだけでも血液の流れは促進されますから、いくらかは健康によい効果が期待できます。

 

まずは毎日5分体を動かすよう意識するだけでも、やらないよりはずっと良いと言えるでしょう。

 

運動とサプリでリパーゼを活性化し中性脂肪を下げる

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント
リパーゼを活発化するのに効果的な有酸素運動ですが、サプリメントなどをうまく利用することで、より効率よく健康効果が得られるといわれています。L-カルニチンやカプサイシンなどのダイエットサポートサプリメントを摂ることで、リパーゼを活発化しやすい状態に導く、というのも一つの手です。

 

また、青魚などに豊富に含まれているDHAやEPAにも、リパーゼを活性化する作用があることがわかり、メディアなどでも取り上げられ、話題となりました。脂肪の分解を促進してくれる効果があるということが広く知られるようになり、青魚の缶詰が品薄になるほど人気となったそうです。

 

実際には青魚ばかり毎日食べ続ける、というのは少し難しいことかもしれません。できるだけ健康によい青魚を食べるようにしながら、足りない分はサプリメントで補う、というのが無理のない方法といえます。

 

その他に効果のある食品としては、ポリフェノールなどを多く含む野菜や、大豆製品、きのこ類などが挙げられます。ローカロリーで食物繊維を多く含み、ミネラルやビタミンを摂取できる食品が良いというのが一般的です。なんとなく肉類は良くないというイメージがありますが、実際には糖質を制限した方がより効果が得られやすいといわれています。

 

お米や芋などの炭水化物を控えて、その分野菜などを多く摂ることで、血糖値を下げて脂肪を減らす効果があるとされています。決まった時間に食べる、というのは、空腹時間を作るということでもあります。

 

空腹感がある状態の時には、脂肪の燃焼が進んでいるため、お腹が空いたからといってすぐに食べずに、決まった食事時間になるまで我慢するのが効果的です。

 

また、対策方法としては食品選びだけでなく、「食べ方」も重要だとされています。規則正しい時間に食べる、ということや、きちんとよく噛んで食べるということが、とても大切です。しっかりと噛むことで消化が促進され、内臓への負担を減らすことができますし、満腹感を感じやすいというメリットもあります。

 

食事以外にも飲み物で、脂肪対策をする、という方法もあります。たとえば、デトックス効果の高いハーブなどのお茶によって、脂肪の燃焼を促進するというのも、簡単で続けやすい対策方法だといえるでしょう。

 

中性脂肪は非常に厄介な存在ではありますが、日常的な対策によって下げることが可能です。生活習慣病なので、基本は生活改善です。

 

中性脂肪を下げるにはDHAなどを含むサプリが効果的

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

中性脂肪は、食生活を改善して適度に運動をしなければ落ちない、と考えている方というのは意外と多いのではないかと思います。

 

実際にはそんなに難しいことではなく、ある意味では食生活の改善に当たるのかもしれませんが、サプリメントを飲むようにすれば改善することができるのです。

 

中性脂肪を下げるのは、DHAやEPAが良いとされています。これらの成分を多く含んでいるのは一般にはサンマやいわし、サバなどの青魚と呼ばれる食品になります。

 

昭和の家庭では、食事にサンマやサバが出てくるのは一般的だったかもしれませんが、今ではなかなか食卓に上がってくることはありません。調理が面倒ですし、骨があるというのが食べる時に面倒、子供に食べさせて骨が喉に刺さったら大変と考えて、体に良いとは知りながらも、あえて食卓に載せない家庭も多いようです。

 

そんなDHAなどは、サプリメントで手軽に摂取することができます。
こういった普段の生活の中で、なかなか取りにくい栄養成分を効果的にサプリメントで摂取することができれば、中性脂肪を下げるだけではなく他の病気の予防にも十分効果が期待できます。値段もそこまで高いものではありませんので、是非試してみてください。

 

食生活とサプリで中性脂肪を下げる方法

 

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

 

中性脂肪を下げる、増やさない為には食生活の見直しが大切です。

腹八分
 もうこれ以上食べられない、お腹いっぱいと感じるまで食べることは良くありません。もうちょっと食べたいな…と感じる程度の量にしておきましょう。

 

食べるのは1日3回
 食事は1日3回と決めていらっしゃる方がほとんどだと思いますが、それ以外に間食をしていませんか?果物やスイーツは食前、食後など食事と一緒に取るようにし、食べる回数を3回にするようにしましょう。

 

食事時間
 日によって違う時間に食事をする、就寝前に食事をするなど、不規則な食生活は摂取したエネルギーが体脂肪として蓄積されてしまうので肥満に繋がります。

 

食事の内容
  • 食物繊維 コレステロールや糖質を排泄します。穀物、いも類、豆類、野菜、果物、きのこ、海藻などに多く含まれています。
  • EPA (エイコサペンタエン酸) 中性脂肪の増加を抑えます。イワシ、サンマなどの魚に多く含まれています。
  • オレイン酸を含む調理油 オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種です。過酸化脂質の発生を抑え、悪玉コレステロールを減らす働きをします。オリーブ油やキャノーラ油に多く含まれています。

 

食事だけでは足りないEPAはサプリで補い、中性脂肪を下げましょう。

 

中性脂肪が病気を引き起こす前にサプリで血液をサラサラに改善

 

中性脂肪下げるサプリ,中性脂肪サプリ,中性脂肪下げるサプリメント,中性脂肪サプリメント

 

脂っこい食事や甘いお菓子をそれほど食べていなくても、30代を超えると、基礎代謝が落ちるので、血液中に中性脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

 

中性脂肪は、食物から摂取した糖質や動物性の脂肪から肝臓で作られ、皮下脂肪となって蓄積されます。

 

中性脂肪が増えても、ほとんどの場合自覚症状がないので、気がつかないうちに血液がドロドロになってしまいます。その結果、血管が硬くなり様々な病気のリスクが高まります。

 

過剰な中性脂肪が引き起こす病気

脂質異常症
 → 血液ドロドロ → 動脈硬化
動脈硬化
 → 狭心症、心筋梗塞などの心臓に関連する病気、脳梗塞、脳卒中などの脳に関連する病気
肥満
 → 2型糖尿病 → 脳梗塞、網膜症、歯周病、狭心症、心筋梗塞、腎症、神経障害などの合併症

 

中性脂肪の引き起す脂質異常症や動脈硬化は、自覚症状がないうちに進行する怖い病気です。
深刻な病気のリスクを減らす為には、30代のうちから血液をサラサラにしておくことが大切です。

 

血液サラサラの為に必要なこと

  • 食生活の改善
  • 生活習慣の改善
  • 睡眠の質の改善
  • 血液サラサラをサポートするサプリメントを摂取する